安全に稼げる治験バイト総合まとめサイト

治験バイトのおすすめサイトを徹底ガイド

HOME » 【症状別】新薬情報 » 今後期待できる糖尿病の新薬

今後期待できる糖尿病の新薬

現在使われている糖尿病の薬

糖尿病の新薬について紹介する前に、現在使われている薬についてまとめました。

2型糖尿病の方には、経口血糖降下薬が処方されます。経口血糖降下薬とは、血糖値を正常化させる薬の総称です。薬での糖尿病の治療が必要なのは、2型糖尿病の方。1型の方は先天的にインスリンを作る能力が弱いため、薬を使ってもインスリンの量が増えたりはしません。糖尿病と一口にいっても、患者の体格や体質、生活習慣はさまざまです。医師は検査と適切な判断によって、薬の種類を決定し処方します。

糖尿病の経口血糖降下薬は、主に以下のような作用と種類があります。

経口血糖降下薬の種類と作用

インスリンの分泌を促進させる(スルホニル尿素(SU)薬)

膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞に直接働きかけ、インスリンの分泌を促します。BIM値が低めで、食事・運動療法をしていても血糖値に改善が見られない方に処方される薬。

インスリンの分泌スピードを早める(速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬))

食後のインスリン分泌のスピードを早め、血糖値の上昇を抑える薬です。体内でインスリンを生成する機能が残っているインスリン非依存状態の方へ処方されます。食事・運動療法で効果の無い、軽度の方向け。

インスリンの抵抗性を改善させる(インスリン抵抗性改善薬(チアゾリジン薬))

インスリンが分泌されているにもかかわらず、肝臓や骨格筋・脂肪組織において反応が鈍い方に処方される薬。主に肥満が原因とされています。

糖新生の過剰な働きをおさえる(ビグアナイド薬)

糖新生とは、ブドウ糖以外の物質からブドウ糖を作り出す仕組みのこと。肝臓で作られたブドウ糖は血中へ放出されます。この働きを抑えることで、空腹時の血糖値を抑えたり抵抗性を改善したりします。血糖コントロール時の体重増加がしにくいとされる薬です。

尿量を増やして血糖値を下げる(SGLT2阻害薬)

尿中に糖を排出し、血糖値を下げる効果があります。薬の影響で尿の回数や量が増え、脱水症状になる可能性があるほか、尿路感染や性器感染にも注意が必要。肥満傾向の方に処方されることが多い薬です。

炭水化物が糖へ分解されるのを防ぎ食後高血糖を防ぐ(α‐グルコシダーゼ阻害薬(α‐GI))

α‐グルコシダーゼは糖質をブドウ糖へ分解する酵素。この動きを阻害し糖を作らせないようにする薬です。この薬で糖の生成を緩やかにすることで、インスリン分泌の上昇タイミングを合わせることができ、食後高血糖の改善につながります。軽症の2型糖尿病患者へ処方され、中等症状以上になると別の薬と一緒に処方されることも。

糖尿病は、薬を飲めば治るという病気ではありません。そもそも2型の原因は、不規則な生活や食生活。それらを続けるうちにインスリンの効きが悪くなってしまうことで発症します。

いくら薬を飲んだとしても、健康的な生活を心掛けないことには症状は良くなりません。バランスの良い食事や適度な運動をし、血糖値をコントロールする必要があるのです。

また、決められたタイミングで薬を飲む必要もあります。飲み忘れたり、適切なタイミングで服用しなければ、せっかくの薬も効果が出にくくなってしまいます。

仕事や生活環境が変わり、処方されている薬を飲むタイミングがズレてしまうときはかかりつけの医師にきちんと相談しましょう。

期待されているインスリン パッチとは

2016年11月、米国研究製薬工業協会は糖尿病1型2型と関連疾患にかんする医薬品170種類以上を開発中だと発表しました。糖尿病は管理の難しい病気。だからこそ、新しい治療法や新薬の開発が重要だとされています。それによって患者が自己管理をしやすくなれば、それだけ時間的・経済的な負担も軽減されるからです。

開発が進められているインスリン摂取法に、皮膚に貼るパッチや経口摂取できる錠剤があります。

貼るだけでインスリン投与 インスリンパッチの可能性

ノースカロライナ州の研究チームが開発しているインスリンパッチは、表面に超極細のニードル(針)がついたパッチ型デバイス。コイン大のパッチを、直接皮膚に貼りつけて使用します。

ニードルは毛髪の数十分の一の細さのため痛みを感じることはありません。ニードルにはインスリンを分泌するβ細胞に似せて作られたカプセルがつながっており、カプセルの中にはセンサー物質が組み込まれています。血糖値の上昇が感知されると自動的にインスリンが投与される仕組みです。

これまでインスリンを摂取するのには注射器を用いてきました。毎回患者自身が注射を打たなくてはならず、負担や不安に感じている方も多いでしょう。ですが、インスリンパッチは貼るだけで血糖管理もインスリン投与もしてくれます。自己管理がぐんと楽になるのです。服の上から目立ちにくいのも、メリットの1つですね。

課題は、パッチから投与されるインスリン分泌の継続時間。マウスを使った実験では、投与から30分後に血糖値が下がり始め、その後9時間にわたって効果が持続しました。改良を加え、20時間にまで伸ばすことに成功しましたが、臨床試験はこれから。実用化されれば、一日に何回もインスリン注射を打っていたものが、十数時間から数日に1回パッチを貼りかえるだけで済むようになるかもしれません。

パッチを開発したアメリカでは臨床試験の準備がすすめられているということですが、実用化まではまだ数年かかりそうです。

飲むインスリン錠剤開発の課題とは?

インスリン錠剤は、その名の通り飲むインスリン。インスリンは酸に弱く、腸まで届けるのが難しいとされてきました。神戸学院大学の武田教授ら研究チームは、細胞膜透過性ペプチド(CPP)の断片と結合させることにより胃酸に消化されにくいインスリンを開発。このCPPと結合したインスリンは腸壁から吸収されますが、マウス実験では吸収率が芳しくなく今後の改良が期待されています。

治験で受けられる糖尿病の最新治療

インスリンパッチのように新しい治療法や新薬の開発には臨床試験・治験が欠かせません。インスリンパッチは、動物実験では効果が出ているようですが臨床試験・治験はこれからです。裏を返せば、新しい治療薬を試してみたい方は治験に参加することでいち早くその効果を知ることができます。ここでは治験についてまとめました。

治験にも種類があります

第1相試験(フェーズ1):健康な方が対象。臨床試験薬を動物実験よりも少ない量から試し、有効性や安全性のデータをとる

第2相試験(フェーズ2):疾患を持っている方へ投与し、有効性・安全性を確認する。用法・容量の検討がされる。

第3相試験(フェーズ3):対象者を増やして、さまざまな体質の方に参加してもらい用法・容量を決めるデータをとる。製造販売認証申請に向けた試験がおこなわれる。

治験で使用される新薬は安全なのか不安に思う方もいるでしょう。自分の体を使うわけですから、当たり前の感情です。しかし、治験をおこなうまでにはさまざまな高いハードルが存在します。マウスや豚を使った動物実験を繰り返し行い、安全性が確認できて初めて人体を使った治験をおこなうことができるのです。

疾患を持っている方は、フェーズ2や3の治験へ参加となるでしょう。人体への安全性はフェーズ1で確保できていますので、大きな心配は無いといえるのでは無いでしょうか。万が一の場合は、補償を受けられます。

治験に参加して治療費軽減

治験はボランティアになるので、「負担軽減費」という名目で、かけた負担分の協力費や謝礼金がもらえます。治験の際の診察や検査も医療機関が負担しますから、治験の内容によっては大幅に治療費の削減ができます。

例)3泊4日×2 入院治験の場合 負担軽減費 153,000円

また、治験へ参加することで治療費の削減だけではなく新薬を試すことができます。疾患を持っている方へは、医師から治験を勧められることもあるようです。

治験のデメリットとは

治療費の削減や新薬を試せるなど、メリットも多い治験ですがデメリットも存在します。

新薬の効果が得られるとは限らない

人体にどのように影響するかを試験するためのものなので、必ずしも新薬の効果を得られるわけではありません。まれに副作用が出るかたもいますが、その場合は医療機関の補償があります。

治験のスケジュールや注意事項を守らなければならない

食事制限や運動など、新薬のデータを確実なものにするために細かい指示をされることがあります。嗜好品を我慢しなければならないことも。

プラセボの使用

新薬にそっくりな有効成分を含まない薬(プラセボ)を使う場合があります。「薬を飲んだ」という思い込みで症状が改善する方がいるためです。新薬とプラセボの2通りの治験をして、有効成分の効果を測定します。新薬を試したいと参加する方にはデメリットと言えるでしょう。

治験を受ける前には、内容の詳しい説明と検査があります。その際に、疑問に思うことはきちんと解消しておきましょう。

なんでも相談できて安心の治験募集サイト3選

PAGE TOP