安全に稼げる治験バイト総合まとめサイト

治験バイトのおすすめサイトを徹底ガイド

副作用の有無

気になる治験の副作用とは

治験に興味はあるけれど、「薬による副作用が心配」と思っている方は多いのではないでしょうか。ここでは、気になる治験の副作用の有無と安全性について解説していきます。

薬に副作用はつきもの

新薬の開発には長い年月が必要であり、その間には綿密な試験が何度も繰り返し行われています。毒性試験・安全性薬理試験などをクリアし、さらに安全性を確認するための前臨床試験をクリアした薬のみが治験に用いられるのです。つまり、治験薬とは「生体に投与しても大丈夫」という安全性が認められたものとなります。

しかし、どんなに安全性が確認された薬であっても、大なり小なり副作用は必ずあります。それは新薬に限らず、市販薬や医療機関で処方される薬にも同じことが言えるのです。よくある副作用として挙げられるのは眠気・胃痛・倦怠感などですが、治験で見られる副作用も同等のものと考えて良いでしょう(ただし個人差はあります)。

副作用についての説明をきちんと聞きましょう

治験に参加する前には、担当医師から想定される副作用についての説明が必ずあります。詳しい症状とリスクについて詳しく知るチャンスなので、しっかりと内容を理解するよう心がけましょう。分からない部分はそのままにせず、きちんと質問をすることも大事。治験に参加するのは、その内容に納得できた場合のみにするべきです。

人によっては副作用についての説明を聞き、「治験をやめたい」と思う方もいるかもしれません。治験への参加は本人の自由意思なので、説明会の時点でも、治験が始まった後でも辞退は可能です。強制参加ということは決してありませんし、罰則等もないので安心して参加するようにしてください。

万が一、治験で副作用が出た場合

治験の参加中に何らかの異変を感じた場合は、すぐにその旨を申し出ることが大切。早期発見・早期治療を行えば、症状を最小限に抑えることが可能となります。とくに治験の場合は万が一の副作用に備えてあらかじめ対応策が用意されており、対応するのも医師・看護師・薬剤師・検査技師といった専門の医療チーム。被験者の健康と安全性を第一に考えた、迅速かつ適切な処置が行われます。

万が一、副作用によって健康被害が生じた場合は、治験依頼主である製薬メーカーから保障を受けることができます。保障の内容は治験によって異なるため、こちらも事前にしっかりと確認しておきましょう。

なんでも相談できて安心の治験募集サイト3選

PAGE TOP