安全に稼げる治験バイト総合まとめサイト

治験バイトのおすすめサイトを徹底ガイド

安全性について

治験バイトの安全性は?

治験とは、新しい薬や治療法の効果・安全性を確認するために行われる臨床試験です。治験は人体に対して行われるものであり、そのために募集をかけられるのが治験ボランティア。一般的に治験バイトなどと呼ばれていますが、実際は任意で新薬の開発に協力する有償ボランティアとなります。

新薬の開発には、長い研究期間が必要です。培養細胞や動物を対象にさまざまなテストを繰り返して有効性の確認と安全性の評価をしたのち、最終段階で行われるのが「治験」なのです。治験によって有効性と安全性が確認され、国(厚生労働省)の認可を得たのち、ようやく薬として使用できるようになります。

治験で最も重視されるのは「被験者の安全性」

治験は新薬の開発に必要不可欠なものですが、参加する人にとって気になるのが「安全性」。治験に人体実験のようなイメージを抱いたり、重大な副作用が起こるのではないかという不安を覚える方も少なくないと思いますが、治験において最も配慮がなされているのは「被験者の安全性」なのです。

まず、新薬の開発には綿密な試験が何度も行われており、生体への効果・安全性が確認されたのちに治験へと移ります。つまり、「生体に投与しても大丈夫である」と判断された販売直前の薬だけが、治験に用いられるのです。

海外の薬品を国内で販売するために行われる治験では、日本人の体質に合うかどうかをチェックするのが主な目的。ジェネリック医薬品の治験についても同様で、これまでに使用されてきた薬との効果を比較するのが主な目的となっています。

安全性については事前に必ずチェックを

なお、治験開始前には担当の専門医師・治験コーディネーター(CRC)などから詳しい説明があります。その中には治験の実施目的・方法・検査内容・来院回数といった情報はもちろん、想定される効果や副作用に関する内容も含まれています。

安全性については誰もが気になる部分ですから、疑問点などがあれば遠慮することなく質問し、納得してから参加するようにしてください。説明に納得できない場合は断ることも可能ですし、治験の途中でも辞退することができます。

治験の内容とは?

治験ボランティア(治験バイト)とひと口に言っても、その内容はさまざま。ここでは、一般的な治験で行われる内容について解説していきます。

通院型と入院型がある

治験には、定期的に医療機関へ通院するタイプと、入院して検査を行うタイプがあります。通院型の治験期間は、数週間~1年ほど。入院型には、2泊3日程度の短期入院・10泊以上の長期入院などがあります。

どんな検査をするの?

治験で行われる検査は、一般診察・問診・血圧測定・体温測定・脈拍測定・採血・採尿・心電図検査などです。入院の場合は採血が多く行われたり、畜尿といった検査が含まれることもあります。

治験中の生活は?

入院型の治験だと「24時間生活を監視・管理されるのでは」と思われがちですが、基本的に検査の時間・食事の時間以外は自由時間。本を読んだりパソコンを使ったり、ゲームをして過ごすことも可能となっています。

なんでも相談できて安心の治験募集サイト3選

PAGE TOP