安全に稼げる治験バイト総合まとめサイト

治験バイトのおすすめサイトを徹底ガイド

HOME » 治験とは?知っておきたい基礎知識 » いくらぐらいの報酬が貰えるのか

いくらぐらいの報酬が貰えるのか

治験で得られる報酬の目安

治験バイト・ボランティアの報酬(負担軽減費・協力費)の目安は、1日あたり10,000~15,000円程度が相場。通院であれば1回につき8,000~10,000円、入院であれば1回につき10,000~20,000円くらいが目安です。

治験の報酬は、通院よりも入院・短期間よりも長期間の方が高額となります。さらに、治験の内容も額に影響を与える要素です。

治験に用いられる薬がジェネリック医薬品の場合よりも、新薬の方が高額となるのが一般的。これは、市販薬のコピーであるジェネリック医薬品よりも、人間への投与が初となる新薬の方がリスクが高いと考えられるからです。また、実施内容に特別な項目が多くなるほど、額が高くなるという傾向もあります。

治験で得られる報酬とは

一般的に治験バイトなどと呼ばれていますが、治験への参加はボランティア。しかし完全に無償となると参加者に大きな負担がかかるため、「負担軽減費」「協力費」といった名目で報酬が支払われます。つまり、治験は有償のボランティア活動なのです。治験で報酬が支払われる理由は以下の通り。

  • 新しい薬剤や治療法の開発へ協力したことに対する謝礼
  • 治験に参加するための細かい制限(日常生活の仕方など)を守る必要があるため
  • 通院・入院に必要な交通費などの経済的負担を軽減するため

治験の報酬は製薬メーカー等が用意し、治験を行う医療機関を通して支払われます。事前検診で手渡しされる場合もあれば、通院のたびに支払われることもあるなど、治験によって方法はまちまち。事前の説明会で、しっかり確認しておくようにしましょう。

報酬に関する注意点

治験にかかる費用で注意したいのは、ほとんどのケースで通院・入院にかかる交通費が自己負担となることです。また、診察にかかる費用も自己負担となることが多め(保険証があれば保険診療扱い)。

もちろん治験に参加すれば負担軽減費・協力費が支払われますが、その中に交通費・診察料も含まれていると認識した方がよいでしょう。つまり、治験では「負担軽減費・協力費-交通費・診察料=実際の報酬額」となります。

治験で支払われる具体的な額については、一般的に公表されていません。説明会や事前検診などに行くと負担軽減費・協力費についての説明があるので、詳しく聞いてみるとよいでしょう。

ちなみに治験への参加は本人の自由意思のため、説明会・事前検診に参加したからといって必ず参加しなければならないということはありません。

なんでも相談できて安心の治験募集サイト3選

PAGE TOP