安全に稼げる治験バイト総合まとめサイト

治験バイトのおすすめサイトを徹底ガイド

HOME » 治験とは?知っておきたい基礎知識 » 治験バイトはモニターより危険?  

治験バイトはモニターより危険?  

治験バイトといえば、短時間や短い日数で高収入が期待できるということもあり気になっている方も多いはず。実際に治験バイトを探し始めた方の中には、治験バイトの他にモニターがあることに気づいたかもしれません。 ここでは、治験バイトとモニターの違いなどについてご紹介します。

治験バイトとモニターの違い

まず、一般的に治験バイトと呼ばれるものでは医薬品の安全性や副作用、効能などについて調べます。開発した薬を世の中に出すためには厚生労働省から承認を受けなければなりません。そのための臨床試験に協力するのが治験バイトだと考えればわかりやすいですね。

一方でモニター試験では食品メーカーが開発している健康食品を実際に試し、その効果を確認するための試験を行います。 これらの大きな違いとして挙げられるのが、どのような人を対象にしているのか?ということ。治験モニターの場合は試そうとしている薬と関わりのある病気や不調に悩んでいる方を対象としています。その病気や不調を改善するための薬を試し、実際に効果があるかどうかを確認するわけですね。

ですが、モニター試験では対象となるのが病気の方ではなく、健康な方、またはまだ病気ではないものの将来的にその恐れがある方などです。モニター試験では病気自体を治療するために治験を行うのではなく、病気を予防するために取り入れる健康食品などを試す目的で行われます。

治験バイトのメリット、デメリット

まずメリットとして挙げられるのが、まだ世に出回っていない最新の薬や治療法が試せるということ。現在病気を抱えており、それを治すために様々な治療法を試したものの効果が得られなかった…という方にとっては思わない良い働きを持った治療法に出会えるかもしれません。

実際に治験バイトに参加し、症状が改善した方もたくさんいます。従来、最新の治療法が実際に病院で行われるようになるまでには長い時間がかかりますが、治験のバイトであれば国の認可を待たずしてそれを試すことができるのです。その薬や治療法を待ちわびている方のために医療の発展や研究を手助けすることもできるでしょう。 また、高額の謝礼が用意されているのも見逃せないポイントです。

デメリットとして挙げられるのは副作用が絶対にないとは言い切れないことにあります。薬と呼ばれるものは現在出回っているものも含め何らかの副作用を持っているため、なにか副作用が出てしまう恐れもあります。 ただし、どのような副作用が心配されるかについては事前にしっかり説明を受けられるので、それを聞いた上で納得できるものにだけ参加しましょう。

モニターのメリット、デメリット

治験バイトと同じく、最新の健康食品やサプリメントを試せるのが大きなメリットです。健康な方を対象にしてはいますが、副作用の心配などはそれほど高くないため、応募しやすいといえるでしょう。 デメリットは治験バイトに比べると報酬が低いこと。それから健康な方でも参加できるため応募が殺到し、なかなか気になる募集を見つけられないことなどが挙げられます。

治験バイトはモニターより危険なのか?

治験バイトで取り扱うのは医薬品、モニターの場合は健康食品ということもあり、治験バイトの方が危険なのでは?と思いがちです。ですが、そんなことはありません。というのも、治験バイトとでは被験者の安全性にとことんこだわっており、非常に安全性の高い試験が行われているからです。

全く効果や副作用のわからない薬や治療法を試すわけではなく、発売直前の薬を取り扱うわけなので安全性が確認されているものを試すバイトとなっています。

なんでも相談できて安心の治験募集サイト3選

PAGE TOP