安全に稼げる治験バイト総合まとめサイト

治験バイトのおすすめサイトを徹底ガイド

知っておきたい治験バイトの安全性と参加方法

治験とは、新しい薬や治療法の効果・安全性を確認するために行われる臨床試験。

治験にいたるまでには長い研究期間があり、何年もかけて安全性を確認したものだけが治験に使用されます。このサイトでは、そんな治験に参加するための基礎知識と、募集サイトの情報を詳しくご紹介しています。

おすすめの治験募集サイト3選

治験の情報を掲載しているサイトは数多くありますが、サポート内容や取り扱う治験の種類はそれぞれ異なります。

ここでは幅広い治験情報を取り扱っており、手厚いサポートを行っているおすすめの3サイトをピックアップ。それぞれの特徴と口コミ評判をまとめています。

JCVN
jcvn公式サイト 安心・安全に
しっかり稼ぐなら

【おすすめのポイント】

  • 専門医師がつき、治験に詳しいコーディネーターとのタッグで診察
  • 個人情報管理がしっかりしている証であるプライバシーマークを取得
  • 人権、安全に最善の注意を払っている
  • 治験に不安なく参加できるよう、希望者向けに1日2回の説明会を実施
  • 本登録している会員向けに無料の健康診断を提供
【募集している治験の例】
健康成人向け、高血圧、高血糖、高尿酸・痛風、脂質異常、関節痛、緑内障、喘息、ニキビ、子宮内膜症など…

【利用した人の口コミ評判】

  • スタッフや医師の説明が丁寧で、安心して参加できました。血圧高めなのですが症状も安定し、主治医もつくので助かっています。
  • 入院型の治験に参加。検査の時間以外はほとんど自由で、本を読んだりゲームをしたりして過ごせました。健康への関心度も高まったと思います。
  • 薬を飲む治験は初めてでしたが、安全性についての説明が詳しかったのでホッとしました。心配だった副作用もなく、無事協力費もいただけました。
  • 健康診断を受けたところ血圧が高めで、そのまま高血圧の治験を紹介されました。おかげで健康管理がうまくいき、数値も安定しています。

>>公式サイトで募集中の治験一覧を見る<<

V-NET
V-NET公式サイト 色々な種類の
治験から選ぶなら

【おすすめのポイント】

  • 症状別のカテゴリ分けが豊富で、自分に合った治験情報を探しやすい
  • 他の治験サイトでは見られない、V-NET独自の治験情報を取り扱っている
  • 初心者の方でも安心して参加できるよう丁寧な案内を実施、参加には個人の意思を尊重している
  • 事前の健康診断あり
  • 臨床試験受託事業協会(臨試協)へ加盟しており、被験者の健康と安全管理に配慮
【募集している治験の例】
健康成人向け、高血圧、高血糖、脂質異常、喘息、ニキビ、頻尿、前立腺肥大症、子宮内膜症など…

【利用した人の口コミ評判】

  • V-NETで飲み薬の治験に応募。入院中に何度も採血をされるのは大変でしたが、協力費ももらえて社会貢献にもなるのは魅力です。
  • 20日以上にわたる長期の治験に参加。事前の説明会で副作用についても詳しく伺っていたので、不安なく終えることができました。
  • 学生の頃に、V-NETを通して何度か治験に参加していました。スタッフの方がフレンドリーだったため、入院中も不便はなかったです。
  • 治験には危険なイメージがありましたが、リスクについて説明してくれるので信頼感が高まりました。また機会があれば参加したいです。

>>公式サイトで募集中の治験一覧を見る<<

SVO
SVO公式サイト 商品モニターで
まったり続けるなら

【おすすめのポイント】

  • 治験よりも、化粧品やトクホなどの健康食品を試すモニター募集が豊富
  • 在宅でできるモニター募集もあり
  • 豊富な経験に基づき、モニターが安全に参加できる負担の少ない試験を設計
  • 現金でなく、商品券でも受けとれる場合がある
  • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の観点に基づき情報管理を徹底
【募集している臨床試験の例】
食品、スキンケア製品、ヘアケア製品、美容健康機器、医薬品など…

【利用した人の口コミ評判】

  • 健康食品を試す臨床試験モニターを経験。食事記録の継続が大変でしたが、体重が減るのが楽しくなり、健康にも向き合えて良かったです。
  • 1年という長期間にわたって治験を経験しました。指定された薬を飲んで通院を繰り返すという内容で、思ったよりも難しくなかったです。
  • 私が体験したのは化粧品のモニターだったので、飲み薬よりも気が楽でした。副作用もなく無事に終わり、協力費もいただけて満足です。
  • 友人の誘いで5泊6日の治験に参加しました。不自由なイメージでしたが、快適な施設で自由時間も多く、よい体験になったと思います。

>>公式サイトで募集中の治験一覧を見る<<

治験とは?知っておきたい基礎知識

治験を受けられる条件

治験バイト・治験ボランティアには、目的や内容によってさまざまな参加条件が設けられています。

健康な人を対象とした治験、疾患を持つ方を対象とした治験によって条件は違ってくるため、あらかじめ確認してから申し込むことが大切です。また、治験にそもそも参加できない除外基準(日本国籍でない・薬物アレルギーがあるなど)についても知っておきましょう。

>>治験を受けられる条件について詳しく見る

安全性について

治験は新薬の開発に必要不可欠なものですが、参加する人にとって気になるのは「安全性」ではないでしょうか。

しかし、治験に用いられるのは、長い期間の研究を重ねて「生体に投与しても大丈夫である」と判断された薬のみ。治験において最も配慮がなされているのは「被験者の安全性」であるため、過度に心配する必要はありません。

>>安全性について詳しく見る

副作用の有無

どんなに安全性が確認された薬であっても、大なり小なり副作用は必ずあります。

それは新薬に限らず、市販薬や医療機関で処方される薬にも同じことが言えるのです。個人差はありますが、治験によくある副作用として挙げられるのは眠気・胃痛・倦怠感など。治験では被験者の安全性が第一のため、万が一の対処や保障もしっかりしています。

>>副作用の有無について詳しく見る

いくらぐらいの報酬が貰えるのか

治験バイトの報酬(負担軽減費・協力費)の目安は、1日あたり10,000~15,000円程度が相場。

通院よりも入院・短期間よりも長期間の方が、ジェネリック医薬品よりも新薬治験の方が高額になるという傾向があります。ただし、治験には被験者が負担する費用もあるため(交通費・診察費など)、それを差し引いた額が実際の報酬額となります。

>>いくらぐらい報酬が貰えるのかについて詳しく見る

治験の流れ

治験ボランティア・バイトに参加するなら、治験がどのように進むのかといった流れについて押さえておくと安心です。

今日では治験募集サイトからの申し込みが主流となっているため、インターネットからの応募方法と流れについてご紹介しています。それぞれの過程で気をつけたいことなどもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

>>治験の流れについて詳しく見る

臨床試験との違い

治験とは、新薬の承認・認可を受けるため、薬事法およびGCPに基づいて行われる臨床試験。

臨床試験とは、新薬に限らず、医療器具等の安全性・有効性を確認するためにも実施されるものです。似たような意味でつかわれる治験と臨床試験ですが、安全性などにも実は違いがいあります。参加前に、ぜひ知識を身につけておきましょう。

>>臨床試験との違いについて詳しく見る

おすすめの治験募集サイト一覧

JCVN

信頼性が高く、幅広い治験情報を取り扱っているJCVN。専門医師と治験コーディネーターがタッグを組んで診察にあたるなど、誰でも安心して参加できるよう手厚いサポートを行っています。

生活向上Web

薬の治験をはじめ、トクホ・健康食品・美容コスメのモニターなどさまざまな情報を提供。通院のモニター情報だけでなく、在宅のモニター案件も紹介されるので女性にも人気です。

VOB

大手製薬会社・食品メーカー・化粧品メーカーなど多数の会社と取引をしており、さまざまな治験情報をサイトに掲載。これまでに3,000件以上の豊富な治験サポート実績を持っています。

V-NET

症状別のカテゴリ分けが豊富で、自分に合った治験情報を探しやすいのが特徴。V-NET独自の治験情報もアリ。初心者の方でも安心して参加できるよう、丁寧な案内を行っています。

SVO

健康食品や化粧品などを中心とした、商品モニターの募集情報が多め。新薬の治験と違って副作用などのリスクが低いため、のんびりと治験・臨床試験に参加したい人向けです。

治験.jp

東京近郊(東京・埼玉・神奈川・千葉)を中心に治験情報を提供しているサイト。都内に治験に特化した医療機関を持っており、安全・快適な環境で治験を受けることができます。

>>おすすめの治験募集サイト一覧を詳しく見る

【症状別】治験の募集要項一覧

このカテゴリでは、実際の治験募集要項を症状別にご紹介しています。

治験とひと口に言っても、その対象は健康成人・女性・高血圧・糖尿病などとさまざま。参加するための条件も、それぞれの症状別に異なってきます。どのような募集があるのか、どんな参加条件が設けられているのかなどを、事前にしっかりチェックしておきましょう。

治療を受けた人の体験談まとめ

「治験に興味はあるけれど、なかなか参加する勇気が出ない」という方は多いのではないでしょうか。

ここではそんな不安を少しでも払拭できるよう、実際に治験へ参加した方からの口コミ体験談をご紹介しています。治験に参加したキッカケ、入院や通院中の出来事や感想、副作用への不安など、生の声にぜひ耳を傾けてください。

>>治験を受けた人の体験談まとめを見る

【免責事項】
当サイトは、独自に収集した2016年11月現在の情報を元に制作しております。
各サイトの最新募集要項については、公式サイトをご確認ください。

 
安全に稼げる治験バイト総合まとめサイト